さわたれの森

丁寧と効率性の両立 ~雑記ブログ的な何か~

【自主休講?】大学生の講義1回分の価値を計算してみた【居眠りしてない?】

f:id:Sawatare:20190425172352j:plain

 

こんにちは、さわたれです

 

突然ですが大学の講義って、ちゃんと毎回出席していましたか?

今あなたが現役の大学生であるなら、居眠りしたりサボったりしていませんよね?笑

 

僕は基本的に頑張って出席こそしていましたが、疲れているときにはそのまま教室で寝ていたことも多々ありました。出席カードだけは提出しなければいけませんからね

話なんて全く頭に入っていませんでした…

 

ふと、大学の講義ってトんだらどの程度の損失なのかなぁと疑問に思ったので、めっちゃ適当に計算してみました!

 

結論からいうと

国立大学で1講義 約1,900円

私立文系大学で1講義 約2,700円

私立理系大学で1講義 約3,800円

くらいの価値でした!

 

 

授業料はどれくらい?

 4年間でかかる学費を、履修する単位数で割って考えます

 

まず大学にかかる学費を調べてみましょう

国立大、私立文系、私立理系の1年間にかかる授業料はおよそ

国立大   : 535,800円 *1

私立大文系 : 758,854円 *2

私立大理系 : 1,071,510円

とのことです

国立だとしても、授業料だけで年間50万円以上はかかっていますね

私立は文理でも異なってきます

 

いずれも4年制大学として、4年で支払う金額は以下のようになります

国立大   : 約215万円

私立大文系 : 約300万円

私立大理系 : 約430万円

 

 

 必要単位数は?

 大学を卒業するために修得しなければならない単位数(卒業所要単位数)は、

4年制の大学で124単位以上と法令で定められています

 

ただ各大学でそれぞれ違いはあるようです

僕の通っている大学も130ちょいの単位数をとる必要があります

 3年半ほどで単位を取りきるとすると、1学期(半年)につき20単位程度取っておくとよいことになります

 

しかし全ての単位を取れるわけではなく、テストごとに多少単位を落としてしまうこともあるでしょう

ですので取れなかった分も含め、ここでは150単位履修することにして計算します

 

では計算!

国立大を例にして計算していきます

 

150単位=75コマ(1コマ2単位)として、国立大学の4年間の授業料約215万円を割ると

 215万円 ÷ 75 = 28,666円

1コマ約29,000円の価値があるようです

 

学期中1コマにつき15回の講義がある場合が多いので、割ると

28,666円 ÷ 15 = 1,911円

講義1回は約1,900円の金銭的価値があることがわかりました!

(90分の講義として、1時間あたり約1,270円) 

 

同様に計算すると、講義1回の価値は

私立大文系で約2,700円(1時間あたり約1,800円)

私立大理系で約3,800円(1時間あたり約2,500円)

の価値があることになります

 

さわたれまとめ

高いと感じますか?安いと感じますか?

やはり授業料に比例して、1講義あたりの金額も増えますね

 私立大理系にもなると、1講義トぶだけで3,800円くらいの価値を無視していることになるのか…設備などにお金がかかっていますもんね

 

今回は簡単に授業料をコマ数で割りましたが、決して金額の差異が講義の質の差異を表しているわけではありません。国立の教授も私立の教授も良い講義をされると思います

それに一回も講義に参加せず、テストだけ来て好成績をかっさらうような友人もいますし…リスクは高そうですけど

 今回の記事もあくまで雑談として、ね

 

実際、大半の大学生は講義にカネを払っているんじゃなくて、大卒という肩書を買いにカネを払っている感覚ではないでしょうか(僕はそうです笑)

まあ金銭的価値に関わらずなるべく授業に出て、さっさと単位を回収しておくのが結局は一番楽だと思います

 

遊びと勉強の効率的なバランスをぜひ見つけてください!

 

ここまで読んでくれて感謝!

 

 

 

*1:文部科学省令による標準額

*2:文部科学省「平成28年度私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額調査」。私立大昼間部の平均額