さわたれの森

丁寧と効率性の両立 ~雑記ブログ的な何か~

【30分でいい】ミニ朝活でやるべき4つのこと【脳のゴールデンタイム】

f:id:Sawatare:20191214200856j:plain

 

こんにちは、さわたれです

 

皆さんは「朝活」と聞くとどのような印象を持ちますか?

「敷居が高い」とか「意識高そう」とか敬遠している人も多いのではないでしょうか

また、仕事が忙しい日々に、睡眠時間を削って早起きなんてできない!と思っていませんか?

巷でよく言われる朝活では、

  • 朝の勉強会に行く
  • 副業に時間を使う
  • ランニング・ジムなどの運動をする

といったことがよく挙げられています

しかし、これらは確かに一定の精神力が要ると思います。いきなりこのような活動を始めるのは億劫だと思います

 

この記事では、30分くらいのかるーい朝活でもかなりいい気分になるよ!ということをお伝えしたいと思います!

 

やるべき事として紹介する事はありきたりですが、朝の15分や30分だけでもすごく爽やかになります。気楽な気持ちでやってみてください

 

 

ミニ朝活ですべき4つのこと

読書

朝活に読書はありきたりですが、読書は比較的短い時間でも有意義に楽しめる時間の使い方です

趣味の小説でもビジネス書でもなんでもいいです

本の種類にもおりますが、30分もあれば15~20ページは読み進めることができます

毎日30分読書をすれば、1週間では約130~140ページほど。つまり2週間で1冊程度は本が読めることになります

毎月2冊程度本が読めれば、その時点でかなりの自己投資と言えます

 

www.j-cast.com

 

 この記事でも書かれているように、月に1冊でも読めればビジネスマンの上位4割の読書量に相当します。積み重ねの重要さを感じますね

高尚な本でなくとも、まずは自分の興味のある読みやすい本から始めてると良いと思います

朝 一杯のコーヒーを片手に20~30分程度本を読むだけで、充実した気分で一日を始めることができます!

 

ちなみにこんな記事も…

entreplanner.jp

 

勉強

 これもよく言われることのひとつですが、英語や資格の勉強に朝の時間を使う人も多いと思います

朝起きてから最初の数時間は、最も脳がフレッシュでクリエイティブな作業に向いているといわれています

この「脳のゴールデンタイム」に30分だけでも勉強をすれば、それは仕事に疲れた夜に行う数時間の勉強に匹敵するといっても過言ではないでしょう

 

私は実際に、起きて朝食を摂った最初の時間を簿記の勉強のために使っていました

体感ベースですが、朝に取り組むのと夜取り組むのでは難しい問題に詰まってしまった時の粘りが全く異なっていました

 「こんなのわかんねー!!」となってしまう頻度が明らかに朝の方が少なかったです。何とか粘って取り組むことができたのは朝~午前の時間だったと感じます

 

朝の勉強は、最もリターンの確実な自己投資だと思います

朝の短時間に凝縮して勉強を!

 

 To Do List を整理する

 これは僕が実際に毎日やっている事です

手帳サイズのメモ用紙にTo Do List を箇条書きにして、その日やるべき事とその優先順位を記していきます

このメリットは、日中に何をやろうか迷う時間をなるべく減らすためです

すなわち、ウィルパワーを消費をなるべく抑えるのです

studyhacker.net

ようは、「”選択”にはエネルギーがかかるから、些細な事に迷うのはやめよう」ということです

人間の脳は選択や判断をするときに集中力を使い、ウィルパワーを消耗してしまうのだとか。「工場を閉鎖するか、継続するか?」といったビジネス上の重大な判断から、「お昼に何を食べよう?」「メールにどう返事しよう、いつ返信しよう?」といった日常的な判断まで、あらゆる決定にウィルパワーを消費します。

記事内ではこのように書かれています

私は朝のうちにTo Do List を整理し、何のタスクをするべきか迷う時間を極力減らしています。一つのタスクが終われば小休止を挟んで、すぐに次の優先順位のタスクに移ります

ダラダラせず、マシーンのようにタスクをこなしていくことが大抵の場合最も生産性が高いです

もちろん突発的に対応しなければいけないタスクが降りかかってくることもあると思います。そういった出来事に的確に対応するためにウィルパワーを費やすといいと思います!

 

この「その日のTo Do List を整理する」ことは、それこそ15分ほどでできます

お手軽なミニ朝活として僕が最もオススメするものです!

 

軽い運動(ストレッチ)をする

「朝の出勤前にジムに行く」「朝ランニングで汗を流す」など、正直キツい!

これらはかなり完成された朝活でしょうが、私はもっと軽い運動「ストレッチ」をオススメします

 

ストレッチをすることで、さっきまで眠っていて休息状態の体をゆっくり起こしてあげることができます

これは30分もいらないですし、起きがけに5分程度でも十分に効果があります

めざましアラームを止めた瞬間はめちゃめちゃ二度寝の欲求と戦っています

そこをグッと我慢して、思いっきり伸びをしましょう!

そして少しずつ体を動かしていきましょう。私は普通に屈伸や伸脚、肩回りのストレッチなどをしています

それが終わるころには、かなり朝の眠気も収まっています。寝起きにベッドでぐずぐずせずにスッキリ起きられるだけで、かなり朝の時間に余裕が生まれます!

 

まとめ

私がミニ朝活におすすめする4つのことは以下!

  • コツコツ読書する
  • 勉強する
  • To Do List を整理する
  • ストレッチをする

 

普段から朝の時間に30分だけでも余裕を持つだけで、心に大きな余裕が生まれます

個人的にこれはかなり大事なことに思えます。読書・勉強などの活動そのものから得られる学び以上の利益ともいえます

 毎朝バタバタと焦って家を出ることでは得られない精神的な余裕は、その日一日の満足感を高めるうえでとても効果があります!

ぜひミニ朝活をやってみてください!

 

すっきり起きるために睡眠の質を上げる方法はこちらの記事で!

www.sawatare-blog.com

 

www.sawatare-blog.com

 

ここまで読んでくれて感謝!