さわたれの森

丁寧と効率性の両立 ~雑記ブログ的な何か~

【倉敷天領デニム】カラーレボリューションのレビュー【ジーンズの聖地】

f:id:Sawatare:20190716165642j:plain

 

こんにちは、さわたれです

 

今回は僕のお気に入りのデニムの一つ、倉敷天領デニムを紹介したいと思います!

倉敷天領デニムのカラーレボリューションシリーズです!

 

カラーレボリューションと言うだけあって、よくあるデニムとは違う唯一無二のものでした!

 

 

カラーレボリューションとは

今回紹介するカラーレボリューションとは、Klax-on(クラクション)という会社が造るデニムの一つです

公式サイトはこちら→

倉敷天領デニム | 倉敷天領デニム(ジーンズ)、ストライクゴールド 公式サイト | ジーンズとデニムのKlax-on(クラクション)

 

このKlax-onという会社、アメリカンカジュアルと中心としたデニム製品を取り扱っています

 ストライクゴールドやカラーレボリューションといったブランドが有名です

 

そしてカラーレボリューションとは、ガッツリと横糸に鮮やかな色を使ったデザインのジーンズです!

 

f:id:Sawatare:20190716165642j:plain

全体像

これが私の所有しているカラレボのIndigo × Redです

通常デニムに使われている白い綿糸ではなく、大胆な赤色が横糸に使われています

そのため表も濃いインディゴに、少し赤みがかった印象ですね

私が購入したのは赤ですが、5色のラインナップがあります

倉敷天領デニム/TENRYO DENIM カラーレボリューション タイトストレートジーンズ「TDP005」/アメカジ/メンズ/レディース/カラージーンズ/ブルージーンズ/ 

 

上の全体像の写真が、パッと見た時の現物に近いです

まだほとんど色落ちしていない状態。濃いインディゴとバーガンディの中間くらいで、アメカジにしてはエレガントさを感じます

ロールアップした裾からわかるように、内側は鮮やかな赤色になっています

 

13.5 Oz(オンス)で、どちらかというとしっかりした履き心地です

しかしヘビーオンスに比べれば取り回しの良い感じで、汗をかきやすい真夏以外は普段使いできそうです!

シルエットはタイトめのストレート

色落ちした後にどうなってくれるか楽しみでもあります

 

 倉敷デニムストリートで購入!

f:id:Sawatare:20190716174207j:plain

 

岡山の観光地である美観地区、その一角にある倉敷デニムストリートで購入しました

デニム好きならテンション上がること間違いないです!

 

買った理由は一目惚れでした

別段何かを買うつもりで行ったわけではなかったのですが、適当にお店を回っていてカラーレボリューションに出会いました

そもそも "鮮やかな色を使ったブルージーンズ" の時点で目を引かれましたし、何よりアメカジなのにどこかエレガントさを感じるデニムだったことが決め手でした

クラシカルな王道さと、強すぎない主張の巧さの両立が素敵です

また店頭に色落ち見本があったのですが、色落ちが進んでも赤色が出過ぎることがないようです

あくまでブルージーンズのままエイジングしてくれる姿を見てみたくなりました

 

価格は2万円+税くらいだったかな

お店は忘れてしまいました(;'∀')

採寸して15分ほどで裾上げしてくれて、すぐに渡してもらうことができました

 

細部の写真など 

細部の写真も貼っておきます

ぜひ参考にしてみてください!

 

 

f:id:Sawatare:20190716184344j:plain

背面

背面の画像です

 バックポケットのステッチ模様はありません

しかし「天」の文字が刺繍されていて、さりげない主張を感じます

 

f:id:Sawatare:20190716184820j:plain

天領デニムの「天」の字

 

f:id:Sawatare:20190716185007j:plain

前面アップ

 このくらい近くで見ると、横糸に織り込まれている赤色が見えるのではないでしょうか

現物に近い感じで撮れていると思います

 

 

f:id:Sawatare:20190709165943j:plain

裏面

 デニムの裏側はこのようになっています

裏は横糸がしっかり見えますね、真っ赤っか(笑)

裾はロールアップするとこの部分が出てくるので、鮮やかなワンポイントになります!

一応赤耳…全体が赤いから目立たないけど

f:id:Sawatare:20190709165854j:plain

裾(ロールアップ)


 

f:id:Sawatare:20190716185433j:plain

 

フロントボタンには、月桂樹の刻印が施されています

公式サイトによると、WWⅡ中のアメリカで製造されたデニムの多くに使われていたそうです

こだわりがすげえ

 

f:id:Sawatare:20190709165832j:plain

 

前面ポケット付近
抜き打ちの銅製リベットが使用されています

f:id:Sawatare:20190709165904j:plain

背面パッチ

革パッチです
牛革が使用されています

 

画像からわかるように、私はウエスト31インチを買いました

比較的細めで、他のタイトジーンズでは29インチを履く私でも2インチ大きいものを買いましたので、少し大きめを選ぶのがいいと思います

できれば店頭で試着して買うのが間違いないです

 

f:id:Sawatare:20190709165931j:plain

 

細かい部分ですが、所々生地が少しだけ盛り上がるように作られていて、他のモノと擦れて色落ちが出やすくなるよう工夫されています

写真では「天」の字の上あたり

盛り上がっていて、そのため色落ちしています

まとめ

 Klax-onのカラーレボリューション、Indigo × Redのレビューでした

独特な色をしているだけに、少しでも現物の感じが伝われば嬉しいです!

街で見かけることはほとんどありません。差がつく一本であることは間違いないです

 

公式サイトには色落ち見本や、他の色のラインナップも載っています

扱っている店舗は多くなさそうですが、楽天市場さんなどネットショップでは取り扱っているようですね

 その場合はサイズに気をつけてください!1~2インチ大きめのサイズがおすすめです。できれば試着を!

 

 真夏は少し履きにくいですかね、夏が終わればガン履きしたいと思います!

買った時点でワンウォッシュですが、できるだけ長く履き込んでメリハリのある色落ちを意識したいです。丁寧に洗うつもりです

(生デニムのファーストウォッシュについてはこちらを! ↓ )

www.sawatare-blog.com

 

 

ここまで読んでくれて感謝!