さわたれの森

丁寧と効率性の両立 ~雑記ブログ的な何か~

大学生のアルバイトはどう選ぶべき?ロジカルシンキングで考えてみた

f:id:Sawatare:20190411150533j:plain

アルバイト。それは学生の貴重な時間を喰らう魔物…

 

 

こんにちは、さわたれです。

 

新生活が始まる4月、新しくアルバイトを探している人も多いのではないでしょうか。

私もその一人です。

就活を終えた今、卒業するまで僕は「ニート」と呼ばれてもおかしくない状況。

残り一年のモラトリアムを有意義に過ごすためにも、ここは資本を稼がなければいけません!

 

しかしバイトなど、やらなくていいならやりたくないのが本音。

たとえやるにしても最小の労力で最大の結果(カネ)を得たいのが人情ってものです。

 

そこでどんなバイトを選ぶべきか、金銭価値や付加価値の面から考えてみます!

 

 

 

 

 まずは数字(もらえるカネ)を出せ!

現状分析

まずもって重要になるのは実際にお給金としてもらえる金額でしょう。

どんなに社会のためになる仕事だってカネがもらえないなら候補にもならん!

 

ということでまずはお金という形でもらえる量を算出します。

 

ほとんどのアルバイトのお給料は当然

賃金 = 時給 × 労働時間

で求められますが、労働時間に気を付けてください。

 

16:00に学校が終わって22:00までに家に帰りたい場合、

当然16:00~22:00の6時間分働くことができるわけではありません。

 

16:00に学校が終わり、バイト先にへと移動し、着替えてタイムカードを押して

そこから労働時間がカウントされます。

もし家から通う場合なら身だしなみを整える時間も必要でしょう。

終わりの時間も然り。移動時間にもよりますが22:00までに帰りたい場合なら、シフトは21:30には切り上げなければいけないかもしれません。

 

したがって労働時間は、自分が使える時間(可処分時間)から移動や着替え等の準備時間を引いた時間になります。よって上記の式は

賃金 = 時給 ×( 可処分時間 - 準備時間 )

となります。

まぁほとんど移動時間だと考えていいと思います。

 

そして飲食バイトであれば、まかないが出されることが多いです。

学生にとってまともな食事が取れて、かつ一食分の食費が浮くのは大きなメリットです。客として注文したと考えて、1食500円くらいのイメージですかね。

まかないの分もしっかり金銭換算してしまいましょう。

 

賃金 = 時給 ×( 可処分時間 - 準備時間 )+ まかない分

 

仮説

 上記の式から考えると、なるべく多くのお金をもらうには

  1. 高い時給
  2. 長い労働時間

のどちらか、または両方が必要です。

時給は業種や地域にもよりますが、学生アルバイトである以上あまりおおきな差はないでしょう。

2の労働時間を長くとるためにも、時間をかけて街に出るよりも、学校や家から近い場所にアルバイトに行く方が効率的にお金を稼げます。

それにバイトに行くのに時間がかかると、面倒で億劫になりやすいですしね(自戒)

※交通費は常識の範囲内で全額支給されるという前提で、無視しています。

 

お金だけじゃない!いろんな経験も重視したい!

 ここまで、少しでも高い賃金を得るために式化して考えてきました。

しかし実際バイトを選ぶ際は他の要素も考えますよね。

職場の雰囲気であったり、すでに友達や先輩がいたり、施設利用ができたりするなどの理由でアルバイトを選ぶこともあると思います。

これらの付加価値は金銭換算が難しいです。

人によってこれらの要素をどのくらい重視するかが異なるからです。

 

現状分析

ある人は多少遠い場所でもおしゃれなスタバでバイトしたいと思うかもしれません。

別の人はとにかく時給が高い方がいい、と最寄り駅近くのパチンコ店でのバイトを探すかもしれません。

このあたりは当人が求めるものによって変わると思いますが、せっかくなのでむりやり要素として突っ込んでみます。

 

f:id:Sawatare:20190411163856j:plain

 

こんな表を考えてみました。

付加価値を5つの要素に分解しています。

  • ステータス

そこで働くことで得られる自己/他者によって得られる満足感です。スタバで働いているのとパチンコ店で働いているの、どちらの自分に満足できますか?。

  • 民度

アルバイト先にくる客層・マナーなどです。あまり民度がよくないところだと、頻繁にクレーム対応に追われることもあるかも…

  • 経験

そこで働くことで得られる経験です。対人スキルが得られるかもしれませんし、プレッシャーのかかる場面で働く経験ができるかもしれません。重要だと考えることは人によって変わってきます。

  • 忙しさ

業務の忙しさです。楽なほうが良くないですか?僕は楽なのがいいです。

  • コスト

参入障壁みたいなイメージです。スタバのバイトは人気で倍率も高いらしいですね。塾講師などは、ある程度の学力(学歴)があれば大体採用されている印象です。

 

仮説

スターバックス、パチンコ店、塾講師を例に、この表を埋めてみます

f:id:Sawatare:20190411165650j:plain

僕の主観で、◎〇△/高低 で評価してみました。 (パチンコ業界の方すみません爆汗)

 

このあたりの評価の基準は本当に人によると思います。

僕はとにかく業務が楽なのが好みなのですが、僕の友人はあえて業務が忙しいところを選んでいました。タスク管理能力を向上させたかったそうです。意識たか…

 

金銭換算をしたことにして、

3つのアルバイト先の、可処分時間あたりの稼げる金額を適当に設定しました。

金銭換算をしたのち、付加価値のマトリクスを通して、総合順位を考えます。

f:id:Sawatare:20190411171108j:plain

あなたなら総合順位はどうしますか?

稼げるパチンコ店にするか、それともおしゃれなスタバにするか

はたまたイレギュラーの少ない塾講師?

 

検証 

これを読んだ皆さんが実際に働くことこそが検証になります(まる投げ)

 

個人的には無理なく続けられるアルバイトが一番いいと思います。

多くの場合、単発ではなく数か月~数年続けることになると思います。

長いスパンを考えるなら、ガツガツ働くよりも適度な塩梅で働く方が続くと思いますし。

 

※なおその他の要素として、8時間を超過した分の割り増し賃金や、22時以降の深夜給があります。がっつり働きたい人や夜が強い人は、狙ってみるのもいいかもしれません。

出会いがありそうなバイトとかもね…

さわたれまとめ

バイト選ぶときにこんなこと考えない?その通りですね汗

ただ時給以外にも多くのファクターがあるので、自分がどんな職場で働きたいかを考えてみるのもありだと思います。

繰り返しになりますが、どのような付加価値をどれほど重視するかは本当に個々人によりけりです。

せっかくアルバイトをするなら自分が納得できる仕事をえらんでくださいね!

 

ん、ロジカルシンキングじゃない?こまけーこたぁいーんだよ!

 

ここまで読んでくれて感謝!